Menu

坂越の牡蠣とは

Home

坂越の牡蠣とは

ブランド牡蠣 坂越の牡蠣

坂越湾

瀬戸内海にある坂越湾の牡蠣は別名「一年牡蠣」と呼ばれ一年で大きくなる牡蠣です。坂越で獲れる牡蠣は坂越湾で水揚げされます。
坂越湾は簡単に見渡せるほどの大きさぐらいしかなく、 他の湾と比べると狭い湾です。しかし、その小さな湾が極上の牡蠣を作るのに最適な地形となっているのです。
坂越湾は瀬戸内海でも波が少なく、穏やかな海流となっており、近くには天然記念物に指定されている生島樹林(常緑樹)と 日本名水百選にも認定されている清流千種川が流れ込む為、牡蠣のエサとなる良質の植物性プランクトンが豊富に発生します。
それを栄養とした牡蠣は身が大きくプリっとふっくらして風味も最高に育ちます。

まさに海のミルクです。

さこし忠臣蔵

牡蠣からしてみれば美味しい食べ物が、有り過ぎてつい食べ過ぎてしまう感じでしょうか。
他で水揚げされた牡蠣とは見た目も味も大きく変わります。 坂越湾の牡蠣はくせがなく、濃厚で身がふっくらとし、弾力もあり、含まれている栄養素も非常に高いのです。 まさに海のミルクと言われる理由がわかってもらえるほど栄養豊富な牡蠣です。

高い品質管理

牡蠣

坂越湾は大きな場所ではありません。
小さな場所の恵まれた地形を活かした牡蠣を作るためには
牡蠣養殖の質を落とさないために牡蠣の出荷と漁場の数を制限することで常に安定した美味しい牡蠣を皆様の食卓にお届けできるのです。
坂越の街全体が徹底した品質管理を行なっているため常にクオリティの高い牡蠣を作ることができるのです。

この品質管理が海全体に浸透し瀬戸内海では大変少ない生食の出荷が認められている清浄海域となっており、生食でも問題なく食べられる牡蠣となるのです。

オリジナルブランド牡蠣 「さこし忠臣蔵」

さこし忠臣蔵

坂越の牡蠣の中でもかましま水産のオリジナルブランド牡蠣「さこし忠臣蔵」は特に私がこだわった牡蠣です。
「さこし忠臣蔵」は一旦水揚げしたカキを良形のものだけ選別して再び海で育てる独自の製造方法「活かし込み」を3回以上繰り返します。質のよい坂越の牡蠣の中でも選びに選んだ「極上の逸品」は1000個のうち2~3個」ほどしか出来ません。
さこし忠臣蔵は2012年4月に行われた「かき日本一決定戦」で堂々の4位に入賞しました、味、食感、デザインなど5つあるすべての部門でベスト5入り。その旨さはまちがいなしです!

まずは自分の舌でご賞味ください。

鎌島水産へのお問い合わせは〒678-0172 兵庫県赤穂市坂越319TEL:0791-48-0658(8:30~16:30)土曜定休